☆ 心草子 亀草子  やっぱりメインは竜也草子 ☆

☆上田竜也様に撃沈されたエロ淑女・藤乃のKAT-TUN愛無法地帯へ、ようこそ!やっぱり竜也愛してます*:..。o○☆*゜

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
pkotei3.png





昨日  第一回 振込み 』 に行って参りました !!!



前夜、考えに考えた結果、先ずは腰元・照機と各二公演分申し込みを、

繰り返そうと言う結果に辿り着き、

”竜也愛申込用紙”を書き書きの作業を明け方開始致した。



前回は全て郵便局の用紙であった為、記入事項は多いものの何だか書き損じを繰り返しても気にもならなんだのじゃが、

今回2枚の正規の用紙は、どうしても書き損じてはならぬ気が致し、

前回にない緊張感に襲われ、プルプルしそうなお手手を必死に押さえながら挑んだ!



 第一回 振込み 』 の時点で、何せわらわの事ゆえ、


波乱万丈(我が事ながら、どうして此処まで色々やらかせる?)な出来事に遭遇しながらであったのじゃが、


その内容は思うところあって明日書かせて頂こうと思います。



とってもこれって、ラッキーなスタートじゃん☆』って出来事も。。。


あぁ~~~言いたい!


。。。。。。。。。。。。でも、やっぱり明日にしよう。




本日は、KAT-TUNとは全く関係のない想いを左一番下”続きを読む”にて綴らせて頂きます。




KAT-TUN春魂でテンション♂♂中ではありますが、

1月17日という日は、私にとっては人生で忘れる事の出来ない特別な日なので、

どうしても、朝までにこのエントリーは仕上げたく、

昨日のコメントレスもまだ出来ておらぬまま、KAT-TUNに関係ないエントリーをさせて頂くわがままを、

どうか、お許しください。



=昨日のコメントレス完了しております。
お時間のある姫は、読んでやって㊦パイ☆=




2007年も、

やっぱり 竜也 愛してます☆


i-tubaki.jpg




ブログランキングのクリックご協力、いつもありがとうございます。

      m(_ _)m
20060816070124.gif




ジャニーズブログランキングに参加しています。↓↓↓をポッチしてやって㊦パイ☆

ランクリここポッチして㊦パイ☆


ジャニーズブログランキング



FC2ブログランキング






pkotei2.png





 ☆★☆ BUTTERFLY ☆★☆



死ぬほどのお前の熱いキスで、俺を救ってくれ


お前が俺の全て


お前の花弁が、俺の生命


お前なしじゃ、息も出来ない



お前も俺の愛がほとばしる”熱いの”なしじゃ、つらいだろ



溶けあおうぜ   


    一緒に  ”イ・コ・ウ” 



i-tubaki.jpg



12年前の今日、私は今までに経験した事のない状況に遭遇していました。

突然、地面ごと突き上げられるような訳の分からない振動。

そして、その後やって来たまるで、映画の中にでも居るような、この世のものとは思えない地面の動き。


阪神大震災です。



咄嗟に愛息子(チワワの”まぐ”)を抱き布団を被せていました。

私はその時、高層マンションに住んでいたので、まるで大きな船が嵐の中にいるよう。

決して激しくはないけれどマンション自体が大きく揺れミシミシと音をたてていました。


それは、とてつもなく不気味な状況で、

激しい揺れなら自分の体を支えるのに必死になれたのでしょうが、

恐ろしく大きな揺れでしたが、緩やかな揺れだった為に

「この音はマンションに亀裂が入っていく音なんだ。このままだとマンションごと倒れるんだろうか。

15階建てのマンションが倒れるって言う事は、私はこのまま死んでいくんだろうか。」


などと、変に冷静に考えていました。



外の明かりで薄ぼんやりと見える家の中の光景は、隣の部屋の食器棚がゆれ”ガシャーンッ”という音と共に倒れていく様。


揺れがおさまり立ち上がり、ベランダ越しに見た光景は、

町の全ての明かりが消え、見えるのは高速道路の明かりと、あちこちで火花を散らしている電線でした。



ガラスが散乱している可能性があるので日が昇り明るくなるのを待ちました。



そうしている間に電気は又通いだしておりTVをつけた私が見たものは、

見慣れた実家の近くの高速道路が横倒しになっている光景、

そして、それも又実家の近くで電車が倒れている光景 。。。。。




どれもこれもハッキリ見覚えのある場所の悲惨な光景の数々でした。

実家に電話しても呼び出し音だけで誰も出ない。

店の方に電話してみても、無情な呼び出し音がなり続けるだけ。



私の心の中で、ある覚悟が出来ていました。

出来ていたんじゃなくて、覚悟を決めなくてはと自分に言い聞かせていました。



両親は駄目かもしれない。



そんな時、突然電話が鳴り響きました。

その時正直、親からだと思い電話に飛びつきました。


電話は照機からでした。


そして照機は何時間も掛けて歩いてマンションまで来てくれました。

爺yaと婆ya(照機の両親)が、私ひとりじゃ不安だろうから行ってあげなさいっと言ってくれたそうです。


あの揺れの直後に、自分の娘を送り出すのは、どんなに不安だったでしょう。

そんな中、私の為に、そう言ってくれた爺yaと婆yaに心から感謝しています。




両親と連絡が取れないままTVの画面に釘付けになっている私に照機は、

「神戸に行こう。探せば歩いていける道はある。」って言ってくれました。


でも混乱の中、行き違いになる可能性を考えると、

私が今、出歩くよりも連絡を待つ方が懸命だと判断しました。



そして夕方、妹から電話がありました。

お父さんも、お母さんも無事だった』っと。



家も店も屋根がバス通りの向こう側まで飛んで行っているほどの全壊でしたが、

職場が神戸で家が他の市の叔父が、

早々に車で自分の家に連れて行ってくれていたんです。



でも、あの時は関西圏内同士の電話は殆ど通じず、

辛うじて関東に居る妹と電話で連絡が取れたんです。




家はどうであれ、みんな無事でよかったと思ったのは束の間で、



実はそこからが、現実と直面する辛い日々の始まりでした。


実家は神戸の東の端の方で、幸い火事は少なかったのですが ・・・・・


TVに亡くなった方の名前がどんどん流れ出す日々。

「○○区 ○○○○さん ○○歳」

「○○区 △△△△さん △△歳」

「○○区 ・・・・・・・・・・・・・・





そこには、次から次へと知人お名前が連なっていきました。

小学校の時一番仲の良かった友達の名前。


本当なら、その前年の秋に結婚して神戸を出ていた筈なのに婚約者の仕事の都合で、

結婚が半年伸び、一ヵ月後に結婚式を控えていた大切な知人の名前。


裏のお爺ちゃんの名前。


中には家の下敷きになりながらも、

「私は後でいいから、怪我をしている人を先に助け出してあげなさい」と息子を他の人を助けに行かせ、

その後、隣の家から出火して、その火事に巻き込まれ亡くなられた近所のお婆ちゃんの名前。


ご近所の ・・・・・・・・・・・・



町内だけで100人近い人が亡くなりました。





同じように照機も大切な人を亡くしました。

中には記憶に残ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。


震災で倒れた甲子園のマンション。

長い長い時間が経ち、残りの生存者なしの判断の元、

遺体を掘り出す為マンションの解体が始まり、

解体の為のブルドーザーが、その上を散々動き回った中から救出された少年。



照機の大切な知人の息子さん。

照機が可愛がっていた少年でした。

照機が病院に駆けつけた時、少年は照機に言ったそうです。


僕、ハヤク元気になってお母さんに僕の血をあげるねん。』って。



当然、少年は母親の死を知らされていませんでした。

お母さんも怪我をして動けないから、今は会えないと言われていたんです。



何日も何日も真冬の凍るような寒さの中、

真っ暗な瓦礫の中でひとり底知れない恐怖に怯えていた筈なのに、

自分も何日も腕を挟まれたままで居た為、腕が動かなくなっていたのに、

それでも、少年は元気な笑顔でそう言ったそうです。





そして、その年の11月7日。。。照機と共通の親友が亡くなりました。

親友の家も全壊で、あの騒動の中病院に行けず、癌の発見が遅れた為でした。




その後数年間、未だに復興の為に必死に頑張ってきた人達が、

その時の過労やストレスの為に亡くなっていっているのが現実です。


自分の家族の安全を確認した後、長い間、

家で水をポリタンクに詰めては車で神戸までの往復を果てしなく続けていた両親を地震の時に助けてくれた叔父も、

その後、40代で脳梗塞で倒れ(幸い今は多少の後遺症はあるものの会社にも復帰しています)ました。




あれから12年。

時の流れが、速かったのか遅かったのかは、わかりません。

外から見た神戸は見事に復興したように見えますが、

傷は奥深く、しっかりと残ったまま今も消えては居ません。



だけど、いつまでも過去を見たまま、

あの時あんな事がなければ」

って言い続けていても、

前に進めません。





もしこのブログを読んで下さっている姫君方の中に、

自分や大切な人が自然災害や不慮の事故にみまわれたり、

何かしらの出来事があって、

心に傷を負い顔を上げられずにいらっしゃる姫君がいらっしゃったら、



『 元気にならなくちゃって、頑張らなくっちゃって、焦らないで。

でも、いつか心に明かりが帰って来る日が必ず来るから諦めないで。

ひとりじゃないから。


その刹那、ひとりのような気がしても、今は、ひとりポッチだとしか思えなくても、

本当は、決してひとりじゃないから。


必ず、あなたの事を大切に思っている人が居るから。 

役に立たなくても、私や照機が居るから 。。。。。 』




の言の葉に少しだけ耳を傾けてください。




私達は、無念な思いを残したまま旅立った人たちの分まで、

悔いのない人生を送りたいと思っています。

一緒に、その道を歩いて行って下さいませんか。








ジャニーズブログランキングに参加しています。↓↓↓をポッチしてやって㊦パイ☆

ランクリここポッチして㊦パイ☆


ジャニーズブログランキング



FC2ブログランキング


    posted at 05:46 | 昔話・今話 | CM(8)

姫からの愛の言の葉☆彡


藤乃ちゃん、照機ちゃん、
なんと言葉を掛けていいか・・・

あの日の朝、名古屋でもかなりのゆれで目を覚まし、
思わず子ども達を抱え、主人は近くにあったおもちゃの棚を倒れないように押さえていた!
でも、大きな地震だったね、と主人と話しただけで、また眠り、朝、テレビをつけて愕然としたあの日

藤乃ちゃんのエントリーを読んで涙が止まりません

あの少年のことは、鮮明に覚えています。
お元気でしょうか?
もう、立派な青年になられたことでしょうね。

照機ちゃんも、ご両親もホントに素晴らしい方!
そして、藤乃ちゃんも・・・

人とは、どんなにも優しく、たくましく、人を思いやり助け合えるものかという事を、あの時の全ての人に教えてもらいました。


息子の小学校からの友達に、震災後神戸から引っ越して来た男の子がいます。
幸い、ご家族は皆さん無事だったそうですが、当時幼稚園だったその子は、小学校時代「地震」という言葉を聞いただけで、泣き出していたそうです。

震災に遭われた方たち・・・
私達には計り知れない心の傷を抱えていらっしゃる方も多いでしょうね。

全ての方たちが、少しでも癒されていること、癒されることをお祈りいたします。

そして、旅立った方たちのご冥福をお祈りいたします。


改めて、地震に対する備えを!!!
という思いを新たにしました!
阪神・淡路の教訓を無駄にしないために!!!
【2007/01/17 10:50】 URL | 菜々 [ 編集 ]

覚えてるよ
日記を書こうと思って日付を確認したら、この日だった。ちゃんと覚えてるよ。広島に住んでた私達ですらこのときの揺れは強烈だった。
TV画面越しに見た神戸の町。行ったこともない街だったけども、日本の一都市の大崩壊。正直、なんでこんなことが起こったのかわからなかったもん。

広島ではね、毎年8月6日になるとちょっと状況は違えど、姫と同じように思い出す歴史があります。それは日本の敗戦というよりもそれまでの日本がいかに馬鹿なことをやったか、アメリカの堕としたものがいかに悲惨だったか、と。

いつまでもそこにとどまってしまうのはいけない。でも、決して忘れてもいけない。
"地震"などの天災は正直私達がどうこうできる問題じゃない。けど、もしそんなことが起きた時に何ができるか、ちゃんとこの阪神大震災から学ばないといけない。
これからの未来に。これからの未来の人々、私達皆のためにね。
それは戦争の教訓も一緒だと思うよ。

いつもつらい目に会うのは私達一般人。でも、そんな私達の繋がりが少しでも強いとこれからの未来もそう悪いものでもないと思います。

1995年1月17日に亡くなった方、それがきっかけで亡くなった方。ご冥福をお祈りします。
1995年1月17日を体験し今を生き続けているみんな、姫、照機さん、このことを忘れず、これからをしっかりと生きてください。

私も姫がこの記事をどんな思いで書いたのか考えると涙が止まらない。めちゃくちゃ久しぶりのコメントだけど、こうしてお互い会えない距離でも、繋がってる、ちゃんと覚えてるよ。それを少しづつ広げていこうね。
【2007/01/17 15:34】 URL | CHEE [ 編集 ]


こんにちは♪藤乃さん☆

私は震災当時、大阪に住んでいたので・・・被害は少なかったのですが・・・、
あの日のことは鮮明に覚えています。
大阪市内のオフィスは大パニックで・・・次々配られる号外には増え続ける犠牲者の数・・・。
住宅関連のOLだった私は鳴り止まぬ電話の対応に追われていました。
自分の家が全壊でも、仕事しなければならない上司達・・・。
まさに、悪夢でした。

今、住んでいるところは結構ひどく被災された方が多い場所です。
私の周りにも、悲しい思いをした人がたくさん住んでおられます。

今日は、娘の参観日で、
娘の小学校でも当時なくなった子がいて・・・毎年この日は追悼式と避難訓練が行われます。
そして、そのあとの授業は性教育!
性教育と聞いて・・・
ちょっと興味深々で見に行ったのですが(笑)
命の大切さを教える大事な授業でした。

生きてるだけで幸せだって・・・
いろんなことに感謝して・・・。
そんな気持ちを忘れないようにしないといけないですね。



【2007/01/17 17:18】 URL | アッキー [ 編集 ]

忘れません
藤乃さん、照機さん、こんにちわ。

私もこの日は自然に朝早く目が覚めます。
私が住んでいるのは大阪の京都寄りなんですが、かなり揺れました。
長男がお腹にいたので揺れの中、必死にお腹をかばっていました。

その後は電気は点かない、電話も通じない本当にパニックでした。
藤乃さんの所に駆けつけた照機さんの気持ちわかります。
私夫婦もお互いの実家に車を走らせました。(同じ市内です)
顔を見てホッとしたのを覚えてます。

そして、私にはどうしても忘れられない人がいます。
妊娠中も美容師の仕事を続けてたんですが、震災から一ヶ月が過ぎた頃に「すっごい汚いんですがシャンプーカットして下さい」って若い男の子が来たんです。
その子は消防士で一ヶ月間休み無く震災の現場で救助をしていたそうです。
自分の家も全壊で大阪の親戚の家に家族が身を寄せていて休みがもらえたから来れたと話してくれました。
「自分の家族も心配やったけど瓦礫の中から助けるコトが出来た時はほんまに嬉しかった」とも、「助けられなかった人もいた・・・」とも話してくれました。
そしてまたすぐに神戸に戻ると。

この彼はその後来ることはなかったのですが私は1月17日にはこの彼の事を思い出します。
私よりも1つか2つ年上だったと思うんですが凄く大人に見えたんです。
まだ若かった私は凄く色んなことを考えさせられました。

人は1人じゃ生きていけない。
支え合い、助け合い生きている。
一番忘れてはいけない事ですね。

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
【2007/01/17 17:30】 URL | AKO [ 編集 ]


この記事を読んでいて涙が出てきました・・・。
12年前、その時ゥチは3歳でした。
だからその当時の事は殆ど分かりません。。。
でも、色々な人から話を聞いたり、テレビで必死に見ました。だからどんだけ大変だったかは分かります。
だけど、その当時の人の辛い気持ちとは比べる事が出来ない。
比べる事も出来ないぐらい当時の人は大変で辛くて悲しく・・・・。
気持ちを一生懸命理解しようとするけど、実際にその場にいなかったから全てを分かってあげれない。。それが何だか悔しいです。
とても大切な方が知人が亡くなるのって「辛い」の一言では言い表せないですよね・・・。
ゥチは幼稚園の時家族ぐるみで付き合っていた1番仲の良かった男の子が事故で亡くなりました。
「悲しい」とか「辛い」とかの次元じゃなかったのを覚えています。
でも、それ以上の気持ちを藤乃さんや照機さんは体験したんですね。
今は大丈夫でしょうか?でも、前を向いてその人たちの分も生きなければダメですよねっ。。。

今回こうやって身近な人からこの話を聞けてよかったです。(失礼な意味ではないです!)
あの日が過ぎても忘れないように出来たから。
東海大地震がぅちの地域では起こるといわれています。
もし、ぅちがその時生き残る事ができたら。まずは家族や友人・救助出来る全ての人を助けてあげたいなって思います。

地震で亡くなられた方、それが原因で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
(ひじょうに長い文でスイマセン!)
【2007/01/17 19:27】 URL | 理奈 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/18 00:02】 | [ 編集 ]


藤乃 照機 へ

実際に体験した人じゃなきゃ わからない事が たくさんあると 思う

私は 震災後 苦しんでる人 や
悲しんでいる人 に むやみに
頑張って って 言わないように
気をつけてる

これ以上頑張れない事

そんな事が人生には あるんだなって

あの 震災が 教えてくれた

私も 思うよ
今 生かされてる事を 大切に

今日を 明日を
自分を あなたを
みんな みんな 
大切にしなくっちゃね
【2007/01/18 01:43】 URL | は~な [ 編集 ]


あの日のことは、今も体から消えることはありません。
あの揺れが体にしみこんでるみたいに。
私は、奈良なのですがそれでも相当の揺れがありました。布団から飛び出した猫を連れ戻したくても立っていられないほどの・・・。
12年経って神戸は、綺麗になりましたね。でも、忘れて欲しくない。なので、私は、毎年友人にメールをします。「今日は、阪神淡路大震災のあった日だよって。」
【2007/01/20 02:35】 URL | きな [ 編集 ]


藤乃への愛の言の葉を、ありがとうございます(*^_^*)v
















プロフィール

藤乃

Author:藤乃
神戸生まれの神戸育ちの!
果てしなく、たっちゃん堕ちのエロ淑女*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:

10月15日生まれの、
たっちゃんと同じ神無月生まれの天秤座☆
普段、超おとっり。。。
時としてヽ(∂∂)ノなO型
(誰が何と言おうと本人は、あくまでも、たっちゃんと同い年と言い張っております(--;) )

こんなイタイ奴ですが、気のイイ奴だと本人は思ってますので、
気軽に”ツンツン”突っついてやって㊦パイ(*^_^*)v

ただ今のコメントレス事情☆彡

ただ今、誠に申し訳ございませんが、わたくしの勝手な都合により、 「コメントレスは可能な時だけ」と言うワガママを言わせて頂いております。                      (コメントレスではありませんが、 ブロガー姫からのコメントの場合、その方のブログに伺う事もあれば、 そうでないメールアドレスを知っている姫の場合、メールを送らせて頂く場合もございます!)

勿論、コメント(拍手コメントを含む)は、ひとつひとつ大切に読ませて頂いております!   コメントレスを出来ない事があるにも拘らず、                             コメントを入れて頂けると凄く嬉しいです (*^_^*)v by藤乃

☆藤乃 心の俳句 ☆

♪姫君方の愛の言の葉♪
ブログ検索

☆花の舞う・・・☆

ブログパーツ
byできるじゃん

☆新春の喜び事☆

竜也初主演・初座長公演 『 ロミオ と ジュリエット 』 成功おめでとうございます!

おめでとう(*^_^*)v

☆☆ たっちゃぁ~ん! ☆☆初ソロ魂

☆MOUSE PEACE☆

大成功おめでとうございます !!!

φ(._.)綴り姫友ぉ~ず☆彡

☆申し訳ありませんが、3ヶ月以上更新のないブログさん! 交流が3ヶ月以上なくなったブログさん!は、連絡ナシに削除させて頂く事がございます事をご了承下さい。                      モロ画像を載せていらっしゃるブログさん!ブログを立ち上げて3ヶ月以上経ってないブログさん!(例外アリ!)及び、当ブログはKAT-TUN超甘甘ブログですので、KAT-TUNに対する中傷・誹謗は勿論、愛情有り無しに拘らず非難発言(”愛ある駄目ダシ”と言う表現含む)のあるブログさん!とのリンクも勝手ながら辞退させて頂いております☆                      申し訳ありませんがリンクはお互いの信頼関係の元に貼らせて頂いている事を、どうかご理解下さい m(_ _)m

§藤乃草子の歴史§
♪一緒に遊ぼ(*^_^*)♪

ぜし・ぜし、 わらわに文㊦パイ♡

名前:
メール:
件名:
本文:

☆お題分け☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。